胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍について

腹痛炎症によるダメージがあり、浅いびらんが起きている場合には胃炎と診断されますが、えぐれるように深いダメージを受けている場合は潰瘍と診断されます。炎症が長期間続くと粘膜の修復が追いつかずにダメージが深くなり、潰瘍化しやすくなります。胃内視鏡検査で胃粘膜の異常が認められ、急性胃炎・急性潰瘍を伴う状態は、急性胃粘膜病変(Acute Gastric Mucosal Lesion; AGML)と総称されます。

胃炎

急性胃炎

胃粘膜が急激に炎症を起こしている状態で、いきなり激しい症状を起こすことがあります。アルコールの過剰摂取など、暴飲暴食によるものが多くなっています。

慢性胃炎

慢性的に胃粘膜が炎症を起こしている状態で、粘膜の状態により、表層性胃炎、びらん性胃炎、萎縮性胃炎、肥厚性胃炎などに分けられます。萎縮性胃炎まで進行してしまうと胃がんリスクが高くなってしまいますので、炎症をしっかり治して再発させないことが重要です。
慢性胃炎は症状に乏しいまま進行してしまうことがあるため、注意が必要です。主な原因となっているピロリ菌感染は、除菌治療を成功させることで炎症の再発を効果的に防ぐことができます。
胃粘膜の萎縮を起こさないためにも、ピロリ菌感染陽性の場合にはできるだけ早く除菌治療を受けるようお勧めしています。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃や十二指腸の消化管壁が深く傷付いています。
潰瘍から出血を起こすこともあり、大出血や消化管壁に穴が開く穿孔を起こした場合には、強烈な痛みを生じて腹膜炎を起こす可能性がありますので、すぐに医療機関を受診が必要です。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の症状

胃炎

急性胃炎はみぞおちの痛みなどの強い症状を起こすことが多いのですが、慢性胃炎は症状がほとんどないまま進行してしまうこともよくあります。

  • みぞおちの痛みや不快感
  • 胃の膨満感・むかつき
  • 吐き気
  • 胃もたれ
  • 食欲不振

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃炎と同じ症状を起こすこともありますが、胃潰瘍は、食事中~食後3~4時間に胃の痛みなどの症状を起こしやすく、十二指腸潰瘍は夕方や夜間の空腹時に痛みを起こしやすい傾向があります。
潰瘍から出血して、吐血や黒いタール便、貧血によるめまいや頻脈などを起こすこともあります。大出血や消化管壁に穴が開く穿孔を起こした場合には、強烈な痛みを生じて腹膜炎を起こす可能性があります。その場合には、緊急手術が必要になります。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の原因

胃は強い胃酸と消化酵素を含んだ胃液を分泌して食物を消化し、口から入ってきた細菌など病原体の殺菌・不活化を行っています。こうした強力な胃液に胃粘膜が溶かされてしまわないのは、粘膜を保護して修復を促進する粘液に保護されているからです。
こうした保護機能が追いつかないほどのダメージを受けると、胃粘膜の炎症や潰瘍が起こります。またピロリ菌は周囲を中和するためにアンモニアなどの毒素をつくることで胃粘膜に慢性的なダメージを与え、炎症を引き起こします。


主な原因

  • ピロリ菌感染
  • 非ステロイド性抗炎症薬などの長期間服用
  • 疲労や睡眠不足を含めたストレス
  • 食生活や生活習慣の乱れ
  • 過剰なアルコール摂取
  • 喫煙習慣
  • カフェインや香辛料など刺激物の過剰摂取
  • アニサキスなどの感染
  • 食物アレルギー

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の検査

内視鏡検査自覚症状や発症時期、食事、既往症や飲んでいる薬などについて丁寧に問診を行い、胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍が疑われる場合には、胃内視鏡検査を行います。
胃内視鏡検査は、口や鼻から細い内視鏡スコープを挿入して、食道・胃・十二指腸の粘膜を詳細に調べることができる検査です。当センターでは特殊光によって血管の分布をクリアに表示し、炎症の状態を正確に評価するための画像処理などが可能な高度な内視鏡システムを導入しています。また、検査を行うのは検査経験豊富な内視鏡専門医です。鎮静剤を治要するなど、苦痛なく楽に透けていただける検査が可能ですので、安心してご相談ください。
さまざまな病気との鑑別には、血液検査・腹部X線検査、腹部CT検査、MRI検査、腹部超音波(エコー)検査などを行うこともあります。こうした検査も当センターでは院内で受けていただけます。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍の治療

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、基本的に内服薬による薬物治療を行います。ピロリ菌感染陽性の場合には除菌治療をお勧めしています。除菌に成功することで、炎症や潰瘍の再発率を大幅に下げることができ、胃がん発症のリスクも下げられます。
潰瘍からの出血がある場合は、胃内視鏡検査痔に止血処置を行います。穿孔などの可能性が高い場合には手術が必要になることもあります。


薬物治療

治療薬 作用
PPI(ネキシウム®、パリエット®、タケプロン®) 胃酸の分泌抑制効果があります。
H2ブロッカー(アシノン®、プロテカジン®) ヒスタミンH2受容体の働きを阻害し、胃酸分泌を抑制します。
カリウムイオン競合型アシッドブロッカー(P-CAB)
(タケキャプ®)
新しい作用機序の胃酸分泌抑制薬です。
レバミピド(ムコスタ®)、テプレノン(セルベックス®) 胃粘膜を保護する。
六君子湯、モサプリドクエン酸塩水和物(ガスモチン®) 蠕動運動など胃腸の運動を活発にする。

腹痛や貧血の症状が強い、潰瘍が大きく深い、大量出血がある場合には入院による治療が必要になります。その場合には連携している入院可能な医療機関をご紹介し、スムーズに適切な治療を受けていただけるようにしています。


ピロリ菌除菌治療

ピロリ菌感染陽性の場合、除菌治療が可能になります。
抗生物質2種類にその効果を高める胃酸分泌抑制薬1種を組み合わせた3種類の薬を1日2回、1週間服用します。
耐性菌が増加している現在、除菌治療は失敗する可能性もあります。正確な成功判定を行うために、服薬終了から2か月以上経過してから判定検査を行います。判定検査では、吐いた息を採取するだけの呼気検査が行われることが増えていますす。
1次除菌で失敗した場合、抗生物質を1種類変更して同様の治療を行う2次除菌が可能です。1次と2次を合わせた成功率は90%を超えるとされています。
3次除菌も可能ですが、健康保険が適用されるのは2次除菌治療までであり、3次からは自費診療となります。


内視鏡的止血術

胃内視鏡検査痔に出血や、露出血管が発見された場合に行われます。クリッピング処置による止血、周囲への薬の注入などがあります。


薬の中止や変更

非ステロイド性抗炎症薬などの長期服用では、薬剤性潰瘍を発症することがあります。この場合は、処方の変更などを検討します。

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍と診断された場合の注意点


医師の指示通りに服用しましょう

胃炎・胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、適切な薬の服用で比較的短期間に症状を改善できます。ただし、症状が落ち着いてからも内服を続けないと粘膜のダメージが治らずに再発を繰り返してしまいます。また、服用タイミングは、その薬が最も安全に高い効果を得られるよう決められています。症状や状態にきめ細かく合わせた処方を行っていますので、医師の指示通りに服用してください。


危険な徴候がないか注意を

潰瘍から出血すると、吐血や下血(黒いタール便)を起こすことがあります。出血量が多く貧血状態になると、めまいや頻脈、動悸などの症状を起こすことがあります。こうした徴候は悪化を示しているため、早急な消化器内科の受診が必要です。特に大出血が疑われる場合や、突然激しい腹痛が起きた場合には一刻も早く救急対応が可能な医療機関を受診してください。

TOPへ