逆流性食道炎

逆流性食道炎について

逆流性食道炎胃液を含む胃の内容物が逆流して食道粘膜に触れ、炎症を起こしている状態です。加齢で筋力が衰えると、食道と胃の間を締め付けて逆流を防いでいた筋力も低下して、逆流を起こしやすくなります。また、脂肪分の多い食事など胃酸分泌を促進させる食の欧米化などによって、近年、日本では幅広い年齢層で逆流性食道炎の患者数が増加傾向にあります。逆流性食道炎は生活習慣などによって再発しやすい病気です。食道粘膜の炎症が長期間続くと食道がんのリスクが高くなってしまいますので、消化器内科を受診して症状の解消だけでなく、粘膜の状態も正常に戻し、再発を防いで健康な将来を守りましょう。

逆流性食道炎の主な症状

  • 胸やけ
  • 呑酸(酸っぱいものが上がってくるゲップ)
  • 胸痛
  • 胃もたれ
  • のどの違和感
  • 声がれ

逆流性食道炎の原因

食道と胃の間で逆流を起こさないようにしている筋肉のゆるみ、生活習慣などによる腹圧上昇など、逆流性食道炎の原因は多岐に渡ります。複数の要因によって発症することもよくあります。

食道裂孔のゆるみ

胸部と腹部を分ける横隔膜には、食道が通る狭い食道裂孔があります。この食道裂孔も逆流を防ぐ役割を果たしています。加齢などで食道裂孔がゆるむと、逆流リスクが上昇します。また、ゆるんだ食道裂孔から胃の上部が胸部にはみ出してしまう食道裂孔ヘルニアも逆流の原因になることがあります。

下部食道括約筋(LES)の弛緩

下部食道括約筋は胃と食道の間にある筋肉です。高齢になると全身の筋肉が衰え、この下部食道括約筋の筋力も低下し、それによって逆流リスクが上昇します。

腹圧上昇

腹圧が上がると胃が強い圧力を受け、逆流リスクが上昇します。肥満、妊娠、ベルトやガードルなどによる強い締め付け、猫背、前かがみ、重いものを持つ、便秘など、腹圧上昇につながる生活習慣に注意が必要です。

胃酸分泌過剰

胃酸分泌の過剰や消化に時間のかかるものを食べるのも逆流リスクになります。脂肪の多い食事、甘いものやカフェイン、唐辛子などの刺激物なども控えましょう。飲酒や喫煙も逆流リスクになります。また、食べてすぐ横になると逆流しやすくなります。

逆流性食道炎と喫煙・飲酒の関係

アルコールは筋肉をゆるませる効果がありますので、飲酒すると逆流を起こしやすくなります。飲酒の頻度や飲む量が多いと、逆流性食道炎のリスクが上昇することが、さまざまな研究で裏付けられています。また、喫煙すると胃酸分泌が促進され、食道粘膜を保護する唾液分泌が減るなどにより、逆流リスクが上昇します。


服用している薬の作用

喘息、心疾患、高血圧などの治療薬には、副作用によって下部食道括約筋をゆるませてしまうものが数多くあります。治療薬の内服をはじめて逆流性食道炎の症状が現れはじめた場合には、処方の変更によって症状を解消できる場合があります。こうした原因をしっかり見極めるためにも、受診の際にはお薬手帳を必ずお持ちください。
なお、ピロリ菌の除菌治療で服薬中に逆流性食道炎の症状が起こることがありますが、これは胃酸分泌が健康な状態に戻っていくことで現れている一過性の症状であり、自然に解消します。症状が強い場合には薬の処方によって改善できますので、ご相談ください。

逆流性食道炎の検査

胃内視鏡検査逆流性食道炎の疑いがある場合、当センターでは胃内視鏡検査を行って食道粘膜の状態を詳細に確認し、食道裂孔ヘルニアなどの有無も確かめています。また、検査中に内視鏡で病変の組織を採取して病理検査を行えますので、確定診断につながります。

逆流性食道炎の合併症

逆流性食道炎で食道粘膜の炎症が長期間続くと、食道粘膜が胃粘膜のように変化する食道バレット上皮(バレット食道)を発症することがあります。
食道バレット上皮は、食道がんリスクが高い状態です。
逆流性食道炎の治療は、症状の改善がゴールではなく、炎症をしっかり治して再発を予防することです。症状がなくなっても、粘膜の状態が改善するまで医師の指示を守ってしっかり治療を続けましょう。

逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎は、粘膜の浅い炎症であるびらんがあります。同様の症状を起こしますが、びらんがないものは非びらん性胃食道逆流症(NERD)といいます。
どちらも同じ治療が有効で、胃酸分泌抑制薬などの薬物療法によって症状は比較的短期間に改善できることが多いのですが、再発を防ぐためには逆流を起こしにくい生活習慣への改善も不可欠です。

薬物療法

過剰な胃酸分泌を抑制して炎症を抑え、症状や粘膜の状態を改善させます。蠕動運動の改善薬、粘膜保護薬などの処方を行うこともあります。
食事をはじめ、生活習慣により再発するリスクが高まるため、患者様にとって再発リスクの高い原因に合わせた生活習慣の改善も不可欠です。当センターでは、患者様のライフスタイルなどにもきめ細かく合わせ、できるだけストレスなく続けられる改善方法のご相談を行っています。
再発を繰り返して長期間食道粘膜の炎症が続くと、食道がんのリスクが上昇してしまいます。消化器内科を受診して症状の解消に加え、粘膜の状態が改善し、再発予防につながる治療をしっかり続けましょう。



治療薬 作用
PPI 胃酸分泌抑制効果があり、治療や再発防止に使われます
H2ブロッカー ヒスタミンH2受容体の働きを阻害して胃酸分泌を抑制します。
消化管運動機能改善剤 蠕動運動などの消化管機能を改善する薬です。胃に食物が長時間とどまらないようにすることで逆流のリスクを低下させます。また逆流が起こった場合も、蠕動運動が活発な場合は、素早く胃へと戻されます。
制酸薬 胃酸を中和して炎症を軽減させます。
粘膜保護薬 食道粘膜を保護します。

治療薬の服用について

粘膜の状態や患者様の体質、原因などにきめ細かく合わせた処方を行っています。また、服用タイミングも、最小の薬量で安全に、しかも最善の効果が出るように決められていますので、医師に指示された通りに服用してください。
また、症状が解消しても、粘膜の炎症が続いているなど状態がまだ十分回復していないことがよくあります。こうしたときに自己判断で服薬を中止してしまうと再発する可能性が高くなります。再発を予防するためにも、症状がなくなってから一定期間は服薬を続ける必要があります。再発を繰り返して食道粘膜の炎症が長期間続くと、食道がんリスクが上昇してしまうため、しっかり治療を続けましょう。

逆流性食道炎の発症・進行・再発予防

食事などの生活習慣改善は、逆流性食道炎の進行や再発の予防に不可欠です。
また、ほとんどの改善内容は、全身の健康にも役立ちます。

食事

肥満は腹圧を上昇させますので、カロリー制限を行って標準体重をキープしてください。香辛料、カフェインなど刺激の強いもの、胃酸分泌を過剰にする油分、消化に時間がかかる動物性タンパク質、甘いものなどもできるだけ控えましょう。便秘解消のために、食物繊維や水分をしっかりとってください。

嗜好品

飲酒や喫煙はできるだけ控えてください。

腹圧

猫背や前かがみなどを避け、正しい姿勢を保ってください。ベルト・ガードル・コルセット・帯などで腹部を強く締め付ける服装は避けましょう。重いものを持ち上げるのもできれば控えてください。

就寝

食べてすぐ横になると逆流しやすいので、食後2時間以上経過してから就寝するように心がけましょう。また、就寝時に咳などの症状が出やすい場合には、上半身を少し上げると楽に寝付ける場合があります。背中にクッションなどをあてがってちょうどいい角度を探しましょう。

TOPへ