食道がん

食道がんとは

食道がんは、粘膜の表面に発生し、複数が同時にできることもあります。食道粘膜内にとどまる早期食道がん、粘膜下層までの表在食道がん、そしてさらに下の層まで及んでいる進行食道がんに分けられます。日本人の食道がんは約半数が食道中央周辺に、次いで胃に近い下部にできることが多いとされています。
進行がんになると、食道の外へがんが広がり、周囲の気管や大動脈に広がる浸潤を起こします。また、食道壁内のリンパ管や血管にがんが入り込んで全身へ散らばり、離れた場所にあるリンパ節、肺や肝臓といった臓器に転移します。
早期発見できれば、内視鏡による楽な治療で治せる可能性が高くなります。将来の健康を守るためにも、早期発見は重要です。

食道がんの症状

初期の食道がんには自覚症状がほとんどありません。自覚症状が出る前に受ける定期的な胃内視鏡検査は、早期食道がんの発見と確定診断が可能な唯一の検査です。実際に、初期の微小な食道がんは、検診や人間ドックなどで受けた胃内視鏡検査で発見されることがほとんどを占めます。喫煙習慣がある、お酒を飲むと顔が赤くなる、逆流性食道炎を繰り返しているなど、リスクの高い方には胃内視鏡検査をお勧めしています。
がんが進行すると、飲み込む際の違和感、つかえ感、胸や背中の痛み、咳、声のかすれ、体重減少などの症状が現れます。呼吸器や心臓、のどなどの疾患を疑って食道がんの発見が遅れることがないよう、こうした症状があった場合は幅広い疾患を疑うことが重要です。

飲み込む際の違和感

飲み込んだ際に胸の奥にチクッとした痛みがある、熱いものを飲むとしみるなどの症状は、食道がんの早期発見につながることがある重要な症状です。こうした症状が一時的に現れて、消えてしまった場合もできるだけ早く消化器内科を受診してください。

つかえ感

食道がんが大きくなると食道が狭窄し、飲み込む際のつかえ感が現れます。つかえ感が強くなると食事量が減って体重が減少することもあります。さらにがんが大きくなると食道の閉塞が起こって水や唾液も飲み込めなくなることもあります。

胸や背中の痛み

がんが食道壁から周囲の肺や背骨、大動脈などに広がって、胸や背中の痛みといった症状を起こすことがあります。

咳、声のかすれ

食道がんが気管や気管支などに広がると、咳の症状を起こすことがあります。また、のどにある声帯を調節する神経にがんが及ぶと、声のかすれを起こします。

食道がんの原因

食道がんの中でも日本人に多い扁平上皮がんの発生には、喫煙と飲酒が大きく関わっています。飲酒した際に体内で生じる発がん物質であるアセトアルデヒドを分解する酵素の活性が生まれつき低い場合、食道がんの発生リスクが高いことがわかっています。少量でも飲酒すると顔が赤くなる、動悸がするなどお酒に弱い方は注意が必要です。飲酒と喫煙の両方の習慣がある場合には、さらにリスクが高まります。また、熱いものを口にすることが多いのもリスクになるとされています。
さらに、逆流性食道炎などで長期間食道の炎症が続くと、道粘膜が胃粘膜のようになる食道バレット上皮になることがあります。食道バレット上皮は、食道がんリスクが高い状態です。

食道がんの検査

問診で症状などについて伺った上で、食道がんの確定診断が可能な検査を行います。
食道がんであることがわかった場合には、進行度を調べる検査を行って治療方針決定に役立てます。

食道がんを確定するための検査

胃内視鏡検査胃内視鏡検査は、食道粘膜の細部までを詳細に確認できます。さらに、組織を採取して病理検査を行うことで確定診断が可能です。造影剤を使った上部消化管X線検査を行うケースもありますが、微細ながんの発見が難しく、組織採取ができないため確定診断のためには別途、胃内視鏡検査を受ける必要があります。
当センターでは、初期の無症状で微細な食道がんの発見に有効なNBIを搭載した高度な内視鏡システムを用いて専門医が丁寧に検査を行っています。NBIでは特殊光によって毛細血管の分布をクリアに観察できるため、毛細血管を周囲に集める特徴を持ったがんの発見に有効です。NBIにより、平坦で表面の変化に乏しい初期の食道がん発見も可能になります。



進行度を確かめ、治療方針を決める検査

胃内視鏡検査で採取した組織の病理検査では、がん細胞の有無とがん細胞の種類などがわかります。
食道がんと確定診断されたら、さらに詳細な検査を行ってがんの及んでいる深さを確かめ、周辺への浸潤やリンパ節や他の臓器への転移などの有無を調べて、治療方針を決めます。
治療方針を決めるための検査には、CT検査、MRI検査、PET検査、超音波検査、超音波内視鏡検査などがあります。

食道がんの治療

内視鏡による切除と外科手術が主に行われており、切除ができない場合には化学放射線療法が選択されます。
早期の食道がんは、内視鏡的切除による治療が主に行われます。外科手術と比較して根治性がほとんど変わらず、侵襲が少ないことで患者様のお身体への負担も少なくなり、回復も早くなるというメリットがあります。ただし、サイズや病変数、浸潤状態などによっては早期でも内視鏡的切除を行えず、外科手術や化学放射線療法を行う場合があります。
外科手術は食道がんの標準的な治療であり、頚部・胸部・腹部といった部位によって術式が変わります。
主治医と治療方針についてしっかり相談し、納得できる最善の治療を選択してください。

TOPへ